本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する 

登記識別情報(登記済証)を紛失等されてしまった場合

はじめに

登記識別情報(登記済証)とは対象となる不動産に関する権利を持っていることを証明するものです。登記を申請することにより初めて登記名義人となる場合に法務局より通知(交付)されます。不動産登記法改正後に登記済証の交付が(各法務局で順次)無くなり、現在では全国どこの法務局でも登記識別情報が通知されるようになりました。
本ページでは登記済証も含めて登記識別情報と記載致します。

登記識別情報を紛失してしまったら

まず、紛失してしまった事に気づいた場合には直ぐに司法書士や対象不動産を管轄する法務局にご連絡ください。
その上で、登記識別情報の効力を失効させる等の対応策を考えていくことになります。
なぜ失効させる等の処置をする必要があるのかというと、紛失してしまった登記識別情報を第三者が不正に使用することによりご自身の不動産に対する権利を移転等されてしまう危険性があるからです。もちろん登記識別情報のみで登記申請は出来ません。その他にも印鑑証明書や実印を押印した書類も必要ですし、本人確認資料として免許証等の提示も必要となります。しかし、近年これら必要書類等がとても精巧に偽造されている為

登記識別情報が必要となる登記をする場合

登記識別情報を紛失等されてしまい手元に無い場合に、登記義務者として登記識別情報を提供しなければならない登記を申請する時はどのようにするのかを解説いたします。
2つの方法がございます。
@本人確認情報という登記識別情報に代わる書類を作成してもらう
A事前通知という手法により登記を申請する
この2つの方法をそれぞれ解説していきます。

本人確認情報の作成

登記識別情報を紛失等されてしまい手

事前通知による申請

登記識別情報を紛失等されてしまい手

司法書士仲野亨事務所

〒160-0022
東京都新宿区新宿五丁目11番13号  富士新宿ビル4F

TEL 03-3353-1871